ネズミ超音波による駆除に期待

日本には、家ネズミと呼ばれているドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類が昔から人間の生活圏に棲みつき、様々な悪さをしてきました。ドブネズミは、大型な体の為に低い場所を好み床下や台所に現れる事があります。


クマネズミは、中型の体で高い場所を好み屋根裏に棲みつきます。時にはビルの壁を登り電線を器用に渡るなどします。

ハツカネズミは10cmにも満たない体で、実験用のマウスで穀物を荒らしたりします。
昔は、ネズミの駆除には籠の中にエサを入れて誘い込んだりネコを飼って対策を行なっていましたが、現在では様々なアイテムがホームセンターでも売られています。
自分の目的に合った商品を選択して対策をする事になりますが、その中のひとつにネズミ超音波があります。

ネズミ超音波の情報サイトです。

ネズミを駆除しても、その後に処理をする必要があります。



不衛生な動物なので触るのも抵抗がある方には、ネズミ超音波が非常に効果的です。



この機器は、ネズミの嫌う周波数を発生させて危険な場所であると認識させる事によって、追い出すのが目的です。
ただし、追い出しに成功しても慣れると戻ってくる場合もあるので侵入口となる部分を塞ぐ事が重要です。
ネズミ超音波を設置する際には、広範囲に降り注ぐようにセットします。
超音波の照射範囲を確認して上向または、下向きにしてネズミに超音波のシャワーを浴びせるイメージです。


注意点は、超音波の特性で物体に当たると効果が薄れるので、場所によっては数台の設置が必要となる事があります。